マンションギャラリー・現地案内図

福岡市の魅力

3大プロジェクトが、さらに大きな未来へと福岡を牽引します。

福岡市では、現在「博多コネクティッド」「天神ビッグバン」「FUKUOKA Smart EAST」といった大型プロジェクトが官民一体となって力強く進行しています。住みやすさに定評のある福岡は、さらに大きな未来がはっきりと見えています。

駅の賑わいを周辺エリアにつなげる

1

博多コネクティッド

博多駅の賑わいを周辺エリアにまでつなげるプロジェクトが、具体的に動きはじめました。更新期を迎えたビルの建て替えを促すインセンティブ制度「博多コネクティッドボーナス」(福岡市)の創設により10年間で20棟を目標に、耐震性の高いモダンなビルへの建て替えが推進されます。このプロジェクトでは、官民連携による賑わいの創出が掲げられており、ハード・ソフトの両面から取り組むことで、博多駅の活力と賑わいが周辺につながることをめざしています。

◎官民が連携して賑わいを創出

「博多コネクティッド」では、福岡市による周辺基盤の再整備に併せて、博多まちづくり推進協議会の賑わい創出活動を実施することで、さらに魅力ある博多駅界隈をかたちづくっていきます。福岡市では博多駅筑紫口駅前広場再整備の検討がはじまり、博多まちづくり推進協議会では広場エリアの賑わい創出活動が活発化しています。

◎建て替えによる経済波及効果

10年間で20棟を建て替えた場合、エリアの延床面積は約1.5倍に広がり、雇用者数は19,000人増えて現在の約1.6倍に。10年間の建設投資効果は約2,600億円と試算されています。建て替え完了後の経済波及効果は年間約5,000億円が見込まれています。

※福岡アジア都市研究所算出

まちづくりから、ドラマチック

2

天神ビッグバン

福岡市では国家戦略特区による規制緩和等を活用して、老朽化した民間ビルなどが多く集まる天神地区で、新たな空間と雇用を生み出す「天神ビッグバン」が着々と進行中。人・モノ・コトが交流する新しい都市空間に向けて、今まさに変貌を遂げようとしています。


◎街区全体の同時開発が決定

天神エリアの中心にある福岡ビル、天神コアビル、天神第一名店ビル(天神ビブレ)が対象の「福ビル街区建替プロジェクト」は、これまでの段階開発から同時開発となることが決定。天神のシンボル的存在であるイムズも新施設へと生まれ変わります。また、すでに新築工事に着手している(仮称)天神ビジネスセンター、ザ・リッツカールトンホテルなど、複数の大型再開発が急ピッチで進んでいます。

九州大学箱崎キャンパス跡地再開発

3

FUKUOKA Smart EAST

国内外で話題のスマートシティ構想ですが、福岡市でも新たな挑戦がはじまっています。最先端の技術革新の導入などによる質の高いライフスタイルと都市空間を創出するモデル都市構想は、まず九州大学キャンパス跡地、箱崎のまちづくりからカタチになっていく計画です。それはさまざまな社会問題を解決しながら持続的に発展していくまち—快適なライフスタイルとイノベーションが交差する未来のまちづくり。ビッグスケールの未来構想が「グランフォーレ千早マークスクエア」の身近な場所で進んでいます。

国際空港から都心までのアクセス時間-10

アジア13都市中

港別外国航路乗降人員数2,090,345

25年連続全国

クルーズ船寄港回数279

4年連続全国

様々なデータでわかる福岡の街力。

独身女性の割合

福岡市に住む女性の未婚率は25~29歳で68%と、政令指定都市中のトップ。進学・就職などで20代が福岡に転入というケースも多く、これはイキイキと安心して生活するためのマンションニーズに直結しているともいえます。

世界の住みやすい街でも、上位に。

英国のグローバル情報誌MONOCLE(モノクル)が発表した「世界でもっとも住みやすい都市ランキング・ベスト25」。2018年版で福岡市はアジアの中で第5位、世界の中で第22位にランクインしています。日本の都市では東京、京都につづいて3番目の好感度です。

若い女性がイキイキと暮らす街、福岡

今後も人口増加が続く福岡市は、特に20〜30代の女性が多く、全国の政令指定都市の比較でも彼女たちがお金を使って楽しめる様々なサービスやカルチャー施設が充実しているのが特徴です。

■女性1万人当たりの施設・店舗の数
約15年間人口増が見込まれる日本唯一の都市
福岡市の人口は2013年に150万人に達し、年に1万人ペースで増加しています。総務省によると総人口や主要都市で人口が減少に転じる中、福岡市は2035年まで人口が増加すると推測されています。

若者率が高い都市

政令市中

人口増加率が高い都市

政令市中

開業率の高い都市

21大都市中

※掲載のデータは、国土交通省港湾局計画課資料、(公財)福岡アジア都市研究所、福岡市ホームページ、「Fukuoka Facts」を基に制作。